ニュース&ブログ

各県決勝3位決定戦&九州リーグ入替戦日程

各県決勝の3位決定戦と、その勝者が進出する九州リーグ2部入替戦のキックオフ時間が決まりました!

 

3月1日(日)

会場:ウイングまつばせ(熊本県)

 

■各県決勝大会3位決定戦

10:30 vs AZUL都城FC(宮崎県)

■九州リーグ2部入替戦

14:30 (3位決定戦の勝者)vs エスポルカーナMFC(九州2部6位)

 

となります。

あと2勝で九州リーグ昇格です。

ぜひ会場で応援よろしくお願いします!

九州各県決勝大会結果

2020年2月8日,9日に沖縄県にて九州各県フットサルリーグ決勝大会が開催されました。

九州8県のリーグチャンピオンが九州リーグ昇格を懸けて戦うこの大会。エンフレンテは参加チームの中で唯一昨年に続いて2年連続の出場となりました。

 

1試合目

●0-5 vs Azul都城FC(宮崎県)

初戦は強豪のAzulと対戦。個人技の高い相手に対しボールをなかなか握れない展開が続くと、ピンチをことごとく決められ終わってみれば0-5の敗戦。チャンスの数では負けていませんでしたがフィニッシュの精度で差をつけられました。

 

2試合目

○3-1 vs Piedra1989(沖縄県)

大会レギュレーション上、この試合に勝てば予選突破に大きく近づく一戦。前線でのボールロストからのプレスでボールを奪うと、キャプテン#97冨田陸が左足を振り抜き先制点。しかし、その後キックインから失点し同点で前半終了。後半になっても得点できない時間帯が続き試合終盤へ。リスクをかけてパワープレーを選択しようとした直前、#91赤﨑蛍がサイドでの1対1を突破し強烈なシュートを叩き込みようやく勝ち越しに成功。3分後には#23平野涼太が直接FKから狙うと、相手の壁に当たりコースが変わってゴールに吸い込まれ追加点。その後訪れるピンチも#20安永がシャットアウト。2点差を守り切り九州大会初勝利を飾った。

この後のAzul vs Iwata Familia(佐賀県)でAzulが勝利。その結果勝点3でPiedraと並ぶも、当該チームの対戦成績で上回り2位で準決勝進出。

 

準決勝

●2-3 vs 長崎大学フットサル部FORZA(長崎県)

この試合に勝てば九州リーグ昇格という重要な一戦。前半に相手の高く上がったクリアボールの落ち際を#23平野がダイレクトで前線へ、そのパスに反応した#10有川貴巳弥がゴールに流し込み幸先良く先制。しかしその後サイドからのミドルシュート、サイドからのパスを中央で沈められる失点で1-2と逆転され前半終了。後半は拮抗した展開の中ゴールが生まれない時間が長く続く。そんな展開の中#64赤星優成の対角線へ通すグラウンダーのパスを受けた#18與那城朝將がニアにトゥキックで蹴り込み値千金の同点ゴール。試合を振り出しへと戻す。延長戦も視野に入ってきた試合終盤、相手陣地でのキックインをゴール前の味方に合わせようとすると相手がインターセプト、ゴレイロが少し前に出ていた所をそのままロングシュートで決められ再び勝ち越される。後がないエンフレンテはパワープレーを開始。しかし堅い長崎大学の守備陣を崩せずそのまま試合終了。

 

準決勝で敗れたエンフレンテは3月1日に熊本県で開催される3位決定戦へ。同じく準決勝でフットサルクラブ蹴虎(福岡県)に敗れたAzulと再びの対戦となる。3位決定戦の勝者は九州リーグ2部6位のエスポルカーナMFC(宮崎県)と入替戦を戦うこととなる。

次は熊本ラウンド。ホームで九州リーグ昇格を決められるように頑張ります。

応援ありがとうございました!!

リーグ順位表更新

今シーズンエンフレンテ熊本が参加しているリーグ戦の順位表を更新しました。

リーグ順位表

 

熊本県リーグではトップチームが優勝に王手。週末の最終節、勝ちor引分けor1点差での敗戦で優勝が決まります。

2部はまだ試合数も残っており、サテライト,U-18ともに昇格の可能性が十分にあります。

 

U-18リーグでは前期優勝を逃し、総合優勝がかかる後期がスタートしています。

Aチームが首位のなかよし会と勝点1差で2位につけています。直接対決含む残り6試合全勝で自力優勝となります。

Bチームは目標の3位を目指しながらも伸び悩み中、Cチームは少ない人数ながらも堂々と戦い経験値を上げていっています。

 

これから3月までリーグが佳境に入りますが、それぞれのカテゴリーで良い成績を残せるように頑張っていきたいと思います!

引き続き応援よろしくお願いします!

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

今年もエンフレンテ熊本フットサルクラブをよろしくお願いします!

 

とりあえず3月までの目標として

・県リーグ優勝

・九州リーグ昇格

・U-18リーグ優勝

の3つを達成できるように頑張ります!

応援よろしくお願いします!

退団選手のお知らせ

この度以下の選手が退団する運びとなりましたのでお知らせさせていただきます。

#22 村田 武央

コメント

12月からイタリアのセリエB所属、A.S.D Atlante Grosseto(アトランテ グロッセート)というクラブでプレーすることになり、エンフレンテ熊本を退団することとなりました。

エンフレンテ熊本では今年の4月から活動を開始し、短い期間ではありましたが、スタッフを始めスポンサー様のご支援ご協力、チームメイトやスクール生、保護者様方の熱い応援の中、エンフレンテの誇りを背負ってプレーできたことを光栄に思います。

今年から始めたフットサルではありますが、イタリアの地でエンフレンテ熊本の可能性、自分自身の可能性を結果として残していきたいと思います。

短い間ではありましたが本当にありがとうございました。

 

村田選手は4月の加入後、持ち前の身体能力と豪快なプレーを武器に活躍。常に全力で気持ちのこもったプレーはサポーターの方々からも人気が高く、チームを盛り上げてくれる重要な選手のうちの一人でした。

今夏イタリアに渡った竹中大樹とは旧知の仲で、遠い海外でもお互いに心強い存在になることでしょう。良いニュースが届くように熊本から応援しています!頑張れタケヒサ!

県リーグ首位陥落

熊本県フットサルリーグ2019 1部

第8節

エンフレンテ熊本 3-4 エスペランサ熊本

 

エンフレンテは前期リーグを6勝1分で終え、勝点19で首位。2位に勝点16でBTTという状態でこの日から行われる後期リーグに突入。

この日の相手は前期リーグで唯一勝てなかったエスペランサ(前期4位)。昨シーズンでも敗戦を喫しており、県リーグで最も苦手としている相手だ。

今節は主力の#10有川、#16波多野、#97冨田が欠場したが、#90木庭が初出場するなどベストと遜色ないメンバー編成で挑んだ。

 

試合は自陣で守備ブロックを形成する相手に対して、エンフレンテが定位置攻撃を仕掛ける。という構図で進んでいく。

相手の奪ってからのカウンターはスピードがあり、それを恐れてなかなか攻撃的な姿勢を貫けずにいると相手の個の能力についていけず失点。

カウンターから2点目を失うも、#64赤星、#90木庭、#91赤﨑が得点し3-2リードでハーフタイムを迎える。

 

後半になると攻撃でのアクションが減り、ゴールチャンスが訪れない時間が続く。

すると、一瞬の隙をワンツーで崩され失点。3-3の同点に追いつかれる。

試合時間は残り2分30秒。ここでパワープレーを選択。得失点差で2位のBTTより30点以上上回っているため勝ち点「1」ではなく「3」を狙いにいく。

 

パワープレーでは狙った形から#7坂田が決定機を迎えるも、惜しくもポスト直撃。

逆に残り約30秒のところで相手GKがセーブしたこぼれ球が相手選手の前に転がると、そこからパワープレー返しを決められて3-4と逆転される。

最後までゴールを目指したが強固な相手DFの前にチャンスを作れずそのまま試合終了。8戦目にしてリーグ戦今シーズン初黒星を喫した。

 

 

他試合ではBTTがまさかの40-1での勝利。予想外のスコアで得失点差を逆転され2位に転落。最終節の直接対決まで優勝争いがもつれることが確定した。

 

 

得点経過

10:31 エスペランサ 0-1

14:18 #64 赤星 優成 1-1

16:38 エスペランサ 1-2

17:56 #90 木庭 弘人 2-2

19:14 #91 赤﨑 蛍 3-2

30:42 エスペランサ 3-3

39:29 エスペランサ 3-4

 

公式記録

 

赤﨑蛍ロービジョンフットサル日本代表選出!

2019年12月にトルコで開催されるロービジョンフットサル世界選手権に出場する日本代表に、当クラブ所属の赤﨑 蛍(あかさき けい)選手が選出されました!

本人コメント

この度、トルコで開催される世界選手権に出場するロービジョンフットサル日本代表に選出していただきました。世界選手権へ参加するにあたり、活動資金が一部不足していたため、多くの方に支援していただきました。本当にありがとうございます。

色々な方々への感謝の気持ちと日本代表としての自覚と責任を持って精一杯戦いたいと思います。応援よろしくお願いします!

 

 

大会概要

■大会名:IBSAロービジョンフットサル世界選手権2019

[IBSA Partially Sighted Football(B2/B3)World Championships 2019]

■日程:2019年12月7日~14日

■開催国:トルコ

http://www.b-soccer.jp/13018/news/20191114.html

 

 

ロービジョンフットサルとは、主に弱視者がプレーする5人制フットサルのことです。GK以外のプレーヤーはB2(矯正後の視力が0.03まで、視野5度まで)、またはB3(矯正後の視力が0.1まで、視野20度まで)の選手が出場します。

赤﨑選手は今年4月に行われたアンダルシア国際フットボール大会でも3試合6得点を記録するなど代表の主力としてプレーしています。今大会でも活躍してくれることでしょう!

応援よろしくお願いします!

U-18リーグ前期終了

11/17(日)

U-18フットサルリーグの前期6試合が終了しました。

リーグの詳細は下記リンクから。

熊本県U-18フットサルリーグ

 

前期リーグ優勝チームに与えられる全国大会の出場権は初出場のなかよし会に決定しました。

6試合を4失点で終えた堅守と、カウンターの精度・スピードで圧倒的な強さを見せました。

 

エンフレンテAは5勝1敗で2位。Bは2勝1分3敗で5位、Cは1勝1分4敗で6位となりました。

これから後期リーグ6試合が行われ総合優勝が決定します。

 

今シーズンいまだタイトルを獲れていないエンフレンテにとっては是が非でも勝ち取りたい「優勝」。

なかよし会へのリベンジも含め頑張りましょう!!

EFKカップ開催決定!

誰でも参加できる1dayのフットサル大会「EFKカップ」の次回日程が決まりました!

12/29(日)17:00~21:00

 

今回も優勝賞金として3万円を用意しています。

年末の蹴り納めとしてぜひご参加ください!

申込みはコチラから

※参加申込みは12/22(日)までとなっております。お早めに!

 

よろしくお願いします!!

首位決戦勝利!

熊本県フットサルリーグ2019 1部

第7節

エンフレンテ熊本 8-0 BTT

 

 

 

勝点16で並んだ状態で迎えた首位攻防戦。優勝争い最大のライバルとなるBTTとの対戦は8-0という思いもよらないスコアとなった。

 

試合開始早々、セットプレーから#91赤﨑のゴールで先制するとそこから#7坂田、#16波多野、#49塩山、坂田(2点目)らの連続ゴール。キックオフからの5分間で5-0と最高のスタートを切った。

後半にも塩山、赤﨑、波多野がそれぞれこの日2点目を追加し終わってみれば8-0の快勝。#41本田のビッグセーブなどもあり、エンフレンテにとって今季3試合目の完封勝利となった。

 

この試合で前期7試合が終了。

エンフレンテは6勝1分で単独首位。後期リーグ残り3試合に首位で進むこととなった。

詳しい順位表はコチラ

https://www.fs-system.jp/fs/pub_teamlank.php?lid=ZWO3y4zXVrs=

 

MOM

#49 塩山 賢二郎

前半と後半にそれぞれ得点し、チームに勢いをもたらした。深井退団後、不安要素の強かった4-0システムだが塩山の好守での活躍により試合を通して安定感を保った。

 

得点経過

00:29 #91 赤﨑 蛍 1-0

01:34 #7 坂田 修哉 2-0

01:42 #16 波多野 達哉 3-0

03:41 #49 塩山 賢二郎 4-0

04:12 #7 坂田 修哉 5-0

27:14 #49 塩山 賢二郎 6-0

34:36 #91 赤﨑 蛍 7-0

35:47 #16 波多野 達哉 8-0

公式記録